こちらは東京大学農学生命科学研究科農学国際専攻国際水産開発学研究室のホームページです。


LinkIcon

 LinkIcon

 LinkIcon

 LinkIcon

TOPICS

2021.12.24

阪井先生が水産学奨励賞を受賞されました



(参考URL:https://jsfs.jp/gakkaisho/award2021-result/

 

2021.11.19

Subayerさんの論文が掲載されました


出典:https://www.mdpi.com/2304-8158/10/11/2873

 

2021.11.18

阪井先生が「令和3年度東京大学卓越研究員」に選出されました!

当研究室の阪井先生が令和3年度 東京大学卓越研究員に選出されました!!



参考URL:https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/t_z1402_00010.html

 

ABOUT

 

  国際水産開発学研究室では

・水圏の環境と人間社会の調和の実現を目指した研究

・基礎研究から応用研究まで分野を問わず幅広い研究
・国際的に活躍できる人材の育成

を目指しています。

   
また外国のゲストを招待して行う国際シンポジウムの開催や、
論文の執筆などをコンスタントに行い 
活動的で生産性の高い研究室を目指しています。 
興味のある方は、是非、見学しに来てください。



 
自然科学

・画像解析による魚種判別技術の開発
・インドネシアにおける河川養殖の利点と影響
・フィリピンにおけるエビの放流効果の測定手法開発
・GIS技術を利用した海洋空間計画



自然現象と生態系メカニズムの解明


社会科学

・漁業権による資源管理制度に関する国際的な評価
・ITQ(譲渡可能個別割当制度)の適用に関する研究
・海の経済価値評価と新しい海洋秩序の提唱
・東北被災地復興に向けた水産物の電子商取引の研究



社会と経済のメカニズムの解明


期待される成果

生態系の持続的利用と住民生活の向上 
沿岸海域の基礎生産構造と物質循環の解明
社会関係資本が地域のレジリアンスに及ぼす影響の解明

津波被災地における水産業の復興支援
水産物の放射能検査に対する消費者のコスト意識の解明
被災地の復興事業の進展に影響を及ぼす要因の解明

海洋生物多様性や生態系サービスを維持した持続可能な開発 



自然科学と社会科学に基づく社会実装

基礎研究から応用研究まで
分野を問わず幅広い研究を行っています


私たちの研究室でできること

・専門分野にとらわれない分野横断的なアプローチ
 ・海外をフィールドとして現地の研究者との共同研究
・学問的知識を応用した実学的な研究




国際的に活躍できる人材の育成を目指しています



ACCESS




東京大学
大学院農学生命科学研究科
農学国際専攻
国際水産開発学研究室
〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 農学部7号館B棟533
TEL / 03-5841-5018
FAX / 03-5841-5018
WEB / http://www.lgfs.ga.a.u-tokyo.ac.jp




東京メトロ南北線「東大前」駅下車 徒歩1分
東京メトロ千代田線「根津」駅下車 徒歩8分
東京メトロ丸の内線「本郷三丁目」駅下車 徒歩12分
都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅下車 徒歩12分